« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

土曜日, 4月 30, 2005

王様のブランチに登場…

はい、上海から帰国してきました。無事でございます。
このご時勢の中、観光に上海に行かれる人が多いとのこと。
くれぐれもお気をつけ下さいね。観光地ならばきっと問題ないと思うけど…
デモには近づかないように…。

上海では見ることができた「王様のブランチ」なのですが、我が家のある
地域では午前中の部しか放送せず…と思ったら、地上波デジタルが入る!
いつも新しいもの好きですぐに飛びついて使いこなせない親を叱って
いましたが、お父さんあなたは偉かった!

まず小林麻耶アナの「ファン」発言にちょっとがっかり。メジャーだ。
私達は「DVDランキング」でみんなが「何?」って顔をするのが好きだったのに。

インタビュアーの女の子二人が札幌に飛んだ。
千歳空港でスープカレーの看板が観光名所になっていると紹介。
記念写真を撮る人が多いんだって。
街を彩る洋ちゃんのポスター。メガプリがでたぁぁ。

インタビューの場所は「カリー軒」!ナックスの聖地と紹介。
膨大なスクラップや写真の数々…ファンが札幌に芝居を見に来てカリー軒に寄って帰るって。
おばちゃんはかなりの露出。おじちゃんもお兄さんも出た。
洋ちゃんのスープカレーを展示してあるのを「カレーやさんで他のカレーを
飾ってくれている」って^^ ナックスの旧店舗前ので集合写真がズームされた。
女の子の一人がシゲちゃんに食いついた!
洋ちゃんが「イケメンでしょ?」って。あぁそれ以上紹介しないで~と叫んだ^^;
「でもオタクなんですよぉ」だって。
あのジューシーなハンバーグがズーム!肉汁じゅわ~っと。
ナックスファンじゃなくてもあのハンバーグを食べに行きたくなるわ。

趣味は「食べる事」って。前は「テレビを見ることだった」かな?
築地のおすすめ店を何店か紹介。このそばのホテルに泊まっていたみたい。
どこだろうね。阪急かい?

ナックスの芝居の稽古場に集合。残りの女の子は「ヤスケン」が好みとの事。
洋ちゃんが二人を引き連れて登場すると「両手に花で~」と言われている。
女の子が「佐藤さ~ん」と呼ぶと「初対面でしたよね?」とばさっと。
こういう重ちゃん好き。
「ガンダムって知っています?僕はたまたまこういう外見ですけど、
中身は全然オタクです」って。よっ!
ガンダムミュージアムではしゃいで写真を撮ったのが全国放送。
単なるハンサムじゃ売り出されませんね~

もう一人の女の子が「安田さぁ~ん」と言っても「どうも。安田です…」と
いつもよりは元気気味だけどやっぱり顕ちゃんだ!暗いぞ^^
洋ちゃんが「まぁまぁ音尾君としては面白くないだろうけど…」と
つっこみ。音尾君がアップ!ボンズから少し伸びているけどクラシックには
程遠い…かつらはかぶらないって確か前にリーダーが言っていたから
どうなるんだろう。でも似合っていたなぁ~短髪。
「そこにあるのは塗り壁ではありませんよ~」と言った後にリーダーがポン!
「お前は綺麗に全国デビューしたけど、俺達は何よ~」みたいな感じで。
「どう売り出すつもりよ」って^^

もうシゲちゃん露出されまくり…ナックスで一番映像に流れたみたい。
でも普通に話している方がいいね。ビジュアルだけじゃなくて
しゃべってこそ彼の魅力がわかる…でもこれ以上でないで欲しいと心の声。

ちなみに…めざましテレビは寝坊して見れませんでした。あぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

金曜日, 4月 29, 2005

帰れる…嬉しい…!

明日帰国しま~す♪
本当に嬉しい。今回は本当に長かったもん。
先の見えない上海生活は厳しい…。でも日本での居場所も確実に狭くなっている。
どうなるんだろうな、自分。帰国したら会社やめちゃいそうな気がしているよ。

北海道…自宅より長い滞在北海道。
親不孝でごめん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日, 4月 24, 2005

王様のブランチ

週末の外出はなるべく控えるようにとのお達しを受けて、
洋ちゃんの「王様のブランチ」出演を見守ろうとテレビの前にスタンバイしていました。
録画しちゃおう~♪とビデオもスタンバイOK!
上海生活でもビデオデッキを用意しておいてよかったなぁと思いつつ…
こっちで洋ちゃんの姿を見れるのが嬉しいなぁ~と。

11時からテレビの前にスタンバイ。
「まだかなぁまだかなぁ…」とワクワクしていたら…
「あれ?」13時になって終わった…「う~ん?飛んじゃったのかなぁ…」と
cueのサイトをチェック。
「えぇぇ~30日って来週ジャン!」
いつも更新の遅いcueのサイトだから今週の事だと思い込んでいました^^;
来週は日本に帰国しています。自宅でゆっくりブランチ。地上波はAMだけの地域だけど
BSデジタルが入っていて良かったぁ。でも録画はできないんだよねTT

シゲちゃんは昨日オフだったんだね。
ストレスで買い物って乙女の私はよくわかる(笑)
今週お財布なぜか2つも買ってしまったもの。まぁ一つは日本円、一つは人民元を入れるから
いいけどさ。今の財布は?香港ドルかな~。香港行きたい!
買い物三昧をしたいよぉ~ストレスマックス!もう帰りたいなぁ。
でも帰ればすぐに北海道…骨休めさせていただきます!
COMPOSER楽しみ。LOOSERのときもそうだたけど1回見てまたその背景を調べてまた見る。
楽しみが膨らむんだよね。去年は新撰組にはまった私。今年はクラシックになるか!?

……あぁ、やっぱりこのBLOGはこんな内容がいいね。
これからも「TEAM-NACS100%宣言!」「シゲONLY宣言!」ということで(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火曜日, 4月 19, 2005

古北での暴動の現実

YAHOOニュースを見た。

「中国・上海の日本総領事館によると、地元の行政当局が18日までに、反日デモで店舗を破壊されるなど被害を受けた日本料理店に対し、損害賠償をする意向を店側に伝えた。政府レベルでの賠償は拒否しているが、市や区レベルで個別に賠償することで、日本側の反発を和らげる狙いがあるとみられる。
 同総領事館によると、被害を受けた日本料理店は少なくとも16店で、このうちの数店に地元当局側から個別に賠償の意向が伝えられたという。」

日本料理店だけが補償の対象じゃないよね~?か○、しき○い、うめ○り、さ○○やきにく、さ○い、ゆ○、かつ○ま、げ○じ、くし○ん、さ○○みず、き○こ、み○き、た○○、しら○わてい、いえ○すあん、あ○くら、き○しょう、ピエ○ロ‥‥これ以外でもあるよね?○○食品館やモ○デ○チもその横のマッサージ屋も‥。ひっくり返された日本車や壊されたデジカメはどうなるんだろうね。

タクシーの乗車拒否もあるそうだ。私もタクシーに乗ったら嫌がらせをされた。街を歩いてもなんか眼つけられる事が多い。気が強いから思いっきりつけ返すけど‥そうすると大抵目をそらす。下は向いて歩きたくない。

知り合いから暴動の動画をもらった。少し遠いけど投石やガラスを割るのがわかると思う。これはほんの一部もっと濁流のようなデモがこの後やってきた。

 

補償されても起こった事を見聞きした心の痛手は治らない。元には戻らないと思う。これは中国が言う歴史問題と同じだよね。同じ事をしているんだよ。被害者顔して加害者になっているんだよ、君たちは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月曜日, 4月 18, 2005

温度差

会社に来てもスタッフはとても元気だ。ゲラゲラ笑っている。情報統制がされて事実をしらないからなのか?でも目の前でこの被害を見ても自分に被害が及ばないとこんななのか?知っていても政治の事は口を出さないとのスタンスだ。この温度差は何だ?

日本からは過敏すぎるほどの指示が飛んでくる。この温度差は何だ?

 

‥中国人を嫌いにならないでという表現をこの事件を通してみる。感情的にならないでという表現を見る。でも厳しいよ。嫌いじゃなくて「理解できない」。まさに「理解できない」に尽きる。

|

日曜日, 4月 17, 2005

外相会談ムカつく!

謝る事など何もないだと!この状況を見てから言いやがれ~! 国に対して謝ってもらわなくてもいいけど、この被害にあった店に対しては何もないのかい?同じように日本にある中華料理の店が襲われてボロボロになっても日本は謝ることはないって言っても納得する?被害にあっているのはおたくの国民の所有する店も多いんだよ。国民の利益を守ることって中国ではないんだね、そっか。 歴史問題歴史問題ってさ、いっつまでも被害者顔。アジアのリーダーって思っているならば、こんな弱小国日本に対してもっと違うスタンスでのぞんでみれば? あぁぁあぁぁ、むかつく。 昨日外を歩いてた日本人の家族連れも囲まれたそうだ。なんでもありかい?日本がやってきたことに比べればっていつまで言っているのよ! こんな国もう嫌だ。

|

土曜日, 4月 16, 2005

こんな街サヨナラしたいものだ。

昼寝していた。会社から外出禁止令が出ていたから。とても平穏な日でした。
数100m先ではあんな大変な事になっているなんて全然知らなかった私は幸せものだと実感。

よく行っていた美容院も居酒屋もお好み焼きやさんもコンビにまでも壊されてしまったそう。特に私が住んでいた古北新区は壊滅的と聞きました。もう古北に帰ることってないんだろうな…今のこの窮屈なマンションの生活を強いられるのでしょう。安全だからっていうことで…。

「愛国無罪」だと~!?なめんなこの野郎って感じです。会社のスタッフは「国と国との問題だから、個人が辛い目にあうのは間違っていると家族で話をしている」と言っていました。でもこのような考え方は親日家なんでしょうね。ただ傍観していただけの中国警察のみなさん、その時に傍観するのは予想していましたけど捕まえて下さいね。一生かかっても弁償させてくださいね。一生じゃ終わらないか…もね。

あぁこんな国、嫌だなぁ~~日本人の皆様一気に帰国しません?不買運動結構じゃないですか!中国人は中国製の物に囲まれて暮らせばいいのよ。この薄暗い電灯や異音のする電灯…異常に遅い回線速度。異臭と騒音と光化学スモッグでどんより曇った空。会社も中国はマーケットとして美味しいかもしれないけど無理よ無理。

こんな低レベルな生活を強いられるのはもう嫌だなぁぁぁぁぁぁぁ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

デモが…

来る~きっと来る~

などどふざけてはいけませんね。
本当に上海でもデモが起きているそうです。人民広場で10時スタートだって。私は最終目的地の総領事館のそばに住んでいるんだよね~
窓を開けるといつもの騒音。デモが近づいていたってこれじゃわからんわ。上海は年がら年中騒々しいから(…でも住んでいると気にならなくなる^^;)気がつかないかもな。

会社からは外出禁止令が出た…鬱。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

金曜日, 4月 15, 2005

ズル休み。

マッキーの歌じゃないけど「ズル休み」しています。
…でも午前中だけ。これがやっぱり小心者ってことかな。でも家にいても仕事をしてしまう。上海では休んでもすることがない。でも会社にいないと気は楽。でも午後から出ることを考えるとブルー。これって少し病んでいるのかなぁ。

この前書いたデモの噂。ほとんどチェーンメールのようになって携帯メールやパソコンに入ってくるそうです。中国人スタッフは心配して見せてはくれないけど…。南京に出張に行った同僚もタクシーの順番を飛ばされ「こいつ日本人だぜ」と嫌がらせにあったようです。一緒に行ったスタッフは訳せなかったって。きっと知ったら怖くなっちゃうだろうからって。この国の購買力は魅力だけど日本企業がやっていくのは半端じゃないね。今まで知らなかった知らずにいた事が色々と浮かんでくるね。

不思議な中国人について今度書くと書いたけど併せて不思議な日本人について書こうかな。海外ではたくさんの不思議な人に出会います。(…無事だったらね^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曜日, 4月 14, 2005

今週末はおとなしくしてろってさ。

上海には日本人が3万人いるそうです。

上海市内の中心部の人民公園から日本領事館がある私の職場のそばの虹橋までデモ行進するとの噂が舞っています。でもさぁ、かなりの距離よ!地下鉄で5つ以上はあるの。これを行進するの?すごい脚力だ。

今週末はおとなしくしていなさいと言われています。そんなにやばい状況なんですかね~穏やかに話す店先のおじさんや対向車に厳しく客に愛想のよいタクシーのおじさんたちも本当は怖い人なのかしら?集団で歩くなとかネクタイを社外では外せとか言われるけど…日本人はすぐわかると思うし…なんかよくわかりません。

3万人の皆様、こんな複雑は気持ちでお過ごしでしょうか?^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜日, 4月 11, 2005

上海で今回の騒動を見聞きして感じた事。

ここ数日かなりの数のメールが友人から届く。みんな日本のテレビを見て心配してくれているみた。どんな報道か私は見る事ができないからわからないけど‥かなりの事なんだろうな。こんな状況下に女子社員を行かせている会社ってどうよ~?危険手当でも欲しいものだわ(苦笑)ちょうど香港深センに出張した時も暴動があったそうで‥どうなるんだろうね。

YAHOOニュースで見た【「新華社「中国外務省の秦副報道局長は、現在の中日関係の状況に関する責任は中国にない、と述べた」としたうえで、「日本は最大限真摯(しんし)な態度と適切な方法をもって、中国人の感情に関する重要な問題に対応しなければならない。日本は相互信頼促進と両国間関係維持につながるための努力をもっとすべきで、逆のことはすべきでない」と伝えた。】 という記事。

これって「中国人っぽ~い」  

万事がこの発想です。会社にいても大なり小なりこの発想です。嫌いじゃないけど理解はできない事が多々。そのうち街で見かけた不思議な人々を書き記そう!でも上海では殴られた人もいるんだって?外では「日本人だ」と言わないようにとか‥。平和が大事と思える人々ではないと最近は感じてしまう。街角でもいつも喧嘩しているもんな。でも日本の教科書を決めているの日本のどこかのおじさんたちの考え方はわわからん。事実は事実。

|

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »